ビーグレンのニキビ跡を実体験の口コミ評価してみた!結果は?

クレンジングと洗顔との違いは?違いが分かればケアも変わる!

ビーグレン,ニキビ跡,口コミ

スキンケアで重要なケアと言えばクレンジングや洗顔です。クレンジングと洗顔は、素肌をキレイにするケアであり、やり方を間違えれば肌トラブルも起こりやすくなります。
さて、クレンジングと洗顔は肌をキレイにすると言う意味では同じですが、それぞれの役割をしっかりと理解していますか?
クレンジングと洗顔の違いが分からない方は是非、チェックしてください。

クレンジングとは?クレンジングの特徴をチェック!

クレンジングの目的は、メイクや皮脂などの「油性の汚れ」を落とす事です。クレンジング剤には油性の原料や乳化剤などが含まれていますが、それらの成分がメイクをするりと落としていきます。
濃いメイクをしている方でも、クレンジングがあれば、毛穴の奥に詰まったメイク残りまでオフする事が出来るので、素肌に戻すと言う意味でクレンジングは重要な役割をしているのです。
クレンジングの特徴をチェックしておきましょう。

  • メイク汚れや皮脂詰まりをキレイにオフ出来る
  • 毛穴の奥の油性の汚れを落として、肌トラブルを無くす
  • 保湿成分配合のクレンジングでは、毛穴から肌の保湿も出来る

クレンジングはメイクを落とす事はもちろん、保湿成分が配合されていれば尚、潤いを肌に閉じ込める事も出来るスキンケアです。

洗顔とは?洗顔の特徴をチェック!

洗顔に使用する洗顔料は「水性の汚れ」を落とす事に特化しています。洗顔料には固形やクリーム、泡状などのタイプがありますが、肌質に合うものを使えば水性の汚れはキレイに落ちていくのです。
水性の汚れには、汗やほこり、塵やゴミなどがあります。メイクの汚れはクレンジングで落として、ホコリなどの汚れは洗顔料で落とすとベストでしょう。
洗顔料の特徴をまとめてみました。

  • ホコリや汗をキレイに落として、肌を健やかに保つ
  • メイクを落とした後に洗顔すると、より肌が清潔になる

「W洗顔」と言う言葉もありますが、これはクレンジングの後に洗顔をすると言う意味です。
肌が弱い方はW洗顔で肌に負担をかけてしまう事もあるので、出来ればW洗顔不要の表示があるクレンジングを使うと安心でしょう。

まとめ

クレンジングと洗顔は、油性と水性の汚れを落とすと言う点で違いがありましたね。
それぞれに役割が違うので、シーンによって使い分けましょう。

 

ニキビ跡も当然クレンジングの選び方が大切です。
以下では、毛穴とクレンジングのスキンケア方法についてさまざまな情報が網羅されているので、ぜひともチェックしてみましょう。
毛穴でもう悩まない!オススメクレンジング人気ランキング2018